真言宗豊山派 山野山 正延寺      
 www.yamano.or.jp     
トップ top 歴史 history 境内 precinct 行事 event
本堂 main hall 御詠歌 goeika 写仏 syabutu ギャラリー gallery


本尊 胎蔵界五智如来
弘法大師座像
興教大師座像
曼荼羅
阿弥陀如来三尊立像
伝持八祖 掛け軸
十王図 掛け軸



 泰山大王
(たいざんだいおう)

担当:七七日忌(49日目)

罪状:二枚舌を使っていないか
有名な四十九日忌のことです。ここでは二枚舌について裁かれます。

生前に言った陰口のことです。

人のうわさは蜜の味。

楽しい気持ちになるのはその時だけで、後に残るのは「誰かに聞かれていなかったかな」という罪悪感と後ろめたさです。

だれもいい気持にならないものです。 

ここで弁護をしてくれるのは、薬師如来さまです。

「泰山大王、裁く前に私の話を聞いてください。この者は生前、私の前にきて、家族の病気が治るようにと、熱心に祈りをささげていました。
家族の前では恥ずかしくてできなかったようです。陰での祈りを見てあげてください。

その時に病の治った家族が、この者のためにと七七日忌の法要をあげているのです。
一七日忌 二七日忌 三七日忌 四七日忌 五七日忌
六七日忌 七七日忌 百ケ日忌 一周忌 三回忌

----------------------------------------------------------- 
真言宗豊山派 山野山 正延寺  公式ホームページ

copyright(C)山野山正延寺all right reserved