真言宗豊山派 山野山 正延寺      
 www.yamano.or.jp     
トップ top 歴史 history 境内 precinct 行事 event
本堂 main hall 御詠歌 goeika 写仏 syabutu ギャラリー gallery


本尊 胎蔵界五智如来
弘法大師座像
興教大師座像
曼荼羅
阿弥陀如来三尊立像
伝持八祖 掛け軸
十王図 掛け軸



第一祖
龍猛菩薩

(りゅうみょうぼさつ)
南インド地方で、密教の教典『大日経』が納められた塔を見つけた真言宗第一祖。

扉を開こうとしますが、ピクリとも動きません。

7日間ひたすら祈りを続けたところ、ついに扉は開き、中に立ち入ることができたそうです。

塔の中で、仏さまからあらゆる密教の教えを授かったと伝えられています。
  それはまるで、映画を見るように大日如来の教えが、映像や音など様々な形で塔の内部に映り、あるいは響き、龍猛菩薩に授けられたそうです。

その時に、当の中に響き渡った教えの声が、現在の「声明」の起源といわれています。


※声明】一音一音を、長く伸ばして唱える独特のお経。
  
第一祖 第二祖 第三祖 第四祖
第五祖 第六祖 第七祖 第八祖

----------------------------------------------------------- 
真言宗豊山派 山野山 正延寺  公式ホームページ

copyright(C)山野山正延寺all right reserved