真言宗豊山派 山野山 正延寺      
 www.yamano.or.jp     
トップ top 歴史 history 境内 precinct 行事 event
本堂 main hall 御詠歌 goeika 写仏 syabutu ギャラリー gallery


元日護摩法要
花まつり灌仏会
七月盆合同供養
新盆合同供養
大施餓鬼会
春秋彼岸法要
青少年研修会
お盆の時期については、経典にならって7月の地域もあれば、新暦の8月になることもあります。

正延寺のある千葉県では、ほとんどの地区が8月にお盆を迎えますが、東京では7月が多く、正延寺のお檀家さんで東京在住の人がこの日にお参りに来ています。

※夏安居
各地に散らばって修行をしている僧侶が一堂に集まって集団生活をする期間のこと



  七月盆
合同供養

(しちがつぼんごうどうくよう)


毎年7月13日 
10時~/11時~/13時~
 お盆とは・・・?

お盆とは、経典の『盂蘭盆経(うらぼんきょう)』に由来する先祖供養のことです。その経典には次のようなことが書かれています。

 目連(もくれん)というお釈迦さまの弟子が、ある時、すでに他界した母親が極楽にいるかどうかを確認するため、神通力で母の居所を探したところ、極楽ではなく、餓鬼道(がきどう)という世界で苦しんでいることを発見します。

哀れに思った目連は、お釈迦さまに相談しました。すると、「夏安居(げあんご)(※)が終わる時期に、休んでいる僧侶たちに施しをして、その功徳を餓鬼道の母に手向けてあげなさい。」と言い、そのためのお経も授けました。

さっそく、夏安居が終わる7月13日~16日に僧侶に施しをして、お釈迦さまから聞いたお経を唱えると、功徳が餓鬼道の母親に届いた、とされています。

ちなみに、その時に喜んだ目連と母親が、喜びを表現するために踊りを踊ったようで、これが「盆踊り」の起源とする説もあります。

現在の日本では、この経典になぞらえて、7月13日~15日の間、ご先祖さまが帰ってくる、という風習になりました。

そこで、この時期に自宅へ帰ったご先祖さまたちの供養のため、お坊さんがご自宅に行き、お仏壇の前でお経を唱える地域もあります。

----------------------------------------------------------- 
真言宗豊山派 山野山 正延寺  公式ホームページ

copyright(C)山野山正延寺all right reserved